ここ数日体調不良で寝込んでおりました。
遅めの風邪デビューってやつです。
ええ。アツシです。EXILEじゃない方です。

もう数日間経ってしまったのですが、ANA機体工場見学に行って参りました。
その様子を少しだけお届け。

DSC_0007

入り口前で警備員さんが立っており、参加申し込み書がないと入館できません。
入り口に入って右手にいきなりセブンの小型店があり、ちょこっとだけANAグッズがあります。
エントランス内にANAガンダムや、実際に使用されていたコクピットシュミレーター、タイヤなどが飾っていました。

時間になり、会議室に通されます。
ここで、当日の内容や、飛行機を飛ばすためにどんな方がどんな事を行っているのかなどの簡単な教室が行われます。

部屋には様々な参加団体から頂いたメッセージボードを飾っています。
DSC_0011

これほんの一部で、壁一面に張られています。

30分程の教室を終えいよいよ工場内へ

DSC_0017

ドン!!!

と、大きな飛行機がお出迎えしてくれたのですが、逆光でなかなか伝わらない。

担当の方と約1時間半かけて工場内を見学するのですが、写真撮り放題です!!
こんなに近くで飛行機を見ることも、もちろん部品や、タイヤなども見れます。

この機体工場東京ドーム1.8個分だそうです。
なので、めちゃくちゃ広大。
移動の際は
セグウェイで移動です。近未来的です。

というのは冗談。
DSC_0027
ママチャリです。

豆知識もたくさんお話し頂き、いよいよ飛行機まじかまで。
DSC_0045
真正面や、エンジン目の前も行けるのですが、なんせ逆光なもので。

通常格納庫の扉は閉じているとこのとでしたが、この日は運よくオープンされ、目の前にA滑走が見えます。
着陸機が次々と着陸するのがまじかに見れました。
DSC_0058
整備中の飛行機を横目にして着陸していく瞬間なども見れたり。

ANA以外にも当然他社の飛行機も飛んでくるのですが、ちゃんと飛んできた飛行機が
どの会社のどの機種名か伝えてくれます。(ここは担当の方次第で違うかも)
JAL機が到着スポットに向かう最中
ANA機がまさに到着するとき「皆様出来るだけ着陸機をお撮りください」なんて冗談を言ってくれたり。

あっという間の2時間でした。
裏方さんのお仕事や
ANAの裏仕事をまじかで感じれたのはとても貴重な経験でした。

飛行機をまじかで見れた事、裏方さんの様子を見れたこともとてもよかったのですが
企業が自身のカラーブランドを大切にしているのだなーと感じる箇所が随所にあった。
例えば
DSC_0049

工場内のエリアを示す看板の色

DSC_0070
通路にさりげなく使用
など、トリトンブルーを大切にされているのだと気づいた。

本当にいい経験が出来ました。
ただ、ネックが平日で、15時開始の回が最終
かつ、予約で2か月前までは埋まっている状況。

ぜひお時間がある際参加されてはいかがでしょうか?

ANA機体工場見学に参加してきた 130 views  記事:アツシ

おすすめツアー


旅日記の記事